川島美沙さんが出産し提訴されている産婦人科はどこ?陣痛促進剤事件!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

はじっこ通信をご閲覧いただき、ありがとうございます。

神奈川県内の産婦人科で陣痛促進剤を使用し出産した女性が、出血多量の末に亡くなりました。

赤ちゃんと対面した数時間後の事でした。

亡くなったのは、神奈川県にお住まいの川島美沙(29)さんです。

わが子を一度も抱くこともなく亡くなった川島さん。

川島さんの夫は、陣痛促進剤が適切に投与されなかったうえ、止血など適切な処置が行われなかったとして、約1億4,200万円の損害賠償を求めて病院を提訴しました。

今回は、川島美沙さんが出産し提訴されている産婦人科はどこ?陣痛促進剤事件!

と題しまして、川島美沙さんが出産し提訴されている産婦人科はどこなのか、陣痛促進剤事件!について調査をしてみたいと思います。

ご参考になれば幸いです。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは事件の概要をご覧ください

生まれたばかりの我が子を、やさしい笑顔で見つめてる母・川島美沙(29)さんの写真。

その写真が撮影された数時間後…
母親になったばかりの美沙さんは、29歳の若さで、帰らぬ人となった。

2017年8月、神奈川県内の産婦人科で陣痛促進剤を使用し出産した美沙さんは、その後、出血多量の末、亡くなった。

美沙さんの妹:
最初に抱っこしたかったはずなのに、抱っこできないまま…

美沙さんの夫:
向こうから「心臓止まっちゃっているけど、びっくりしないでね」と簡単な口調で言っていたのが、今でも鮮明に残ってました。

引用元:Yahoo!ニュース(一部省略)

川島美沙さんが出産し提訴されている産婦人科はどこ?

陣痛促進剤は、お産がスムーズに行えなくなった時、人工的に陣痛を強めるために使うお薬です。

川島美沙さん(当時29歳)は2017年に神奈川県内の産婦人科のクリニックで、長男を出産しました。

その際に、陣痛促進剤を投与されたのです。

陣痛促進剤というのは、陣痛が弱くて出産が進まない妊婦んに投与されるもの。

陣痛が弱いと、母体と赤ちゃん双方にリスクがあるので、陣痛促進剤を使ってお産を促すのです。

産婦人科の先生も、「なるべく陣痛を適正化させるという、安全なお薬ではあります」と話しているように、安全なお薬としてよく使われています。

使用量を守り、母子の状態をしっかりと監視して使えば決して危険なものではないと。

勿論、使用のリスクはあるので、そのことを含め医師と話し合うことが大切なことなのですね。

川島さんの場合はどうだったのでしょう?

川島さんの夫は、

向こうから「心臓止まっちゃっているけど、びっくりしないでね」と簡単な口調で言っていたのが、今でも鮮明に残ってました。

病院からこのように言われたと話しています。

心臓止まっている?

ということは亡くなったということ?

私もこの「心臓止まっちゃっているけど、びっくりしないでね」という言葉を読んで、何のこと?と一瞬思ったくらい軽い感じで医師が話したのだなと思いました。

なんというか、冗談めかした言い方ですよね。

妻を亡くした夫の心情をあまりにも無視していると思います。

「一生懸命手を尽くしたけど、亡くなりました」と言ってもらえたら遺族も納得できたのかもしれません。

自分の妻をいい加減に扱われたという思いが、提訴した理由のように感じます。

提訴された病院の事故調査報告書では、「川島さんは、別の要因で亡くなった」とされているそうです。

この提訴された病院ですが、現時点では神奈川の病院ということしかわかっていません。

提訴された病院は取材に対して、「業務中のため、今は対応できない」と答えているそうです。

病院は神奈川県としか発表されていないので、提訴されたのがどこの病院かは今のところ判明していません。

神奈川の産婦人科で検索したら、これだけの病院がヒットしました。

陣痛促進剤事件!

出産を経験した方ならお分かりと思いますが、赤ちゃんが生まれるまでトラブルのない人などいないと思います。

つわりが酷くて入院する人もいますし、むくみや早産の危険性とか。

いろいろなことをクリアしながら、出産に臨むのですが、今回のように陣痛が弱かったりすると、赤ちゃんが出てこれないので苦しみます。

出産は命がけなのです。

私も最初の子のとき、陣痛が弱くて何時間もかけて出産しました。

陣痛促進剤は使いませんでしたが、その一歩手前まで行ったと後で看護婦さんに聞きました。

大量の出血があったため、出産後はめまいが酷かったのを覚えています。

出産に時間がかかると、出血も増えるので母子ともに危険な状態になるのですね。

そのあたりが、先生の微妙な匙加減が必要になる場面なのでしょう。

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

ネットの反応

  • 出産という、母子共に命の危険のある現場で働いている人間からすれば母親が亡くなるのは珍しくないかも知れないが、人間の心を持っていれば「心臓止まっちゃってる」なんてふざけた台詞は出て来ない。
    医者にとっては複数の患者の一人、しかし送り出した家族にとってはたった一人の女性だったのに。
  • 何が言いたいかというと、お産はそれだけリスクが伴うものであって、促進剤の使用があろうがなかろうが、母体も子供も命の危険とは隣り合わせだということです。
    病院側や医師も、それは患者以上にわかっていると思う。
    それでも杜撰になっていたのなら、然るべき対応をされるべき。
    だけど、産む側、家族も様々なリスクがある事は自ら知ろうとするべきだと思います。
  • このご遺族のお気持ちは計り知れないものですが、こうやって、まだ促進剤のリスクを世間に認知させる意味はあると思います。
    現代の医学でも、時には危険を伴うことを病院がその都度説明するだけでなく、予めのリスクを世間が認識しておくべきです。
  • どんな経緯でこの発言になったのか、など全くわからない曖昧な記事だと思いますが。それっぽく書いてるけど、一方的で真実が見えない。陣痛促進剤は、必要な人もいるし、必ずしも悪いものではないのに、イメージばかり悪くなって、お産が長引く人も出てきそうです。もっと、中立な記事を、責任持って書いて欲しい。
  • 亡くなられた産婦さんは非常に残念で、病院のケースへの対応や家族への対応はこれから明らかにされるべきこと。しかし、このような検証されていない段階で、陣痛促進剤による死というタイトルの分かりにくい記事は不安を呼ぶと思うので辞めてほしい。

引用元:Yahoo!コメント

コメントにもあるように、みなさん色々思うところがあるようです。

以前も産婦人科の医師が提訴され、敗訴した事件がありました。

その事件のあたりから、産婦人科と小児科を医師が敬遠するようになったとニュースでみた記憶があります。

やはりどちらも命が急変する場合があるので、医師のなり手がないのだそうです。

コメントに医療関係の人の投稿がありました。

医療従事者です。
これ関係のニュースについて申し上げます。
医師のコメントの真意を含め、薬の副作用を過剰に報道したがる日本の風習があります。

これ、かなり危険なことで、当然医療とはある意味生と死の狭間で戦う現場です。しかもこれが人間相手なのです。
何が言いたいかと申しますと、
絶対は無い、ということ。
当然薬にはリスクはあります。
その副作用は本当に人によって様々。安全性が高い薬でも副作用でる人は出ます。あと用量次第な面もあります。
使う側の医師も、この人にとって安全な量というのは使ってみないとわからない。
この手のニュース、報道する人間も、それを受け取る側の人間も、
とにかく冷静に、とにかく真実の裏付けをしないと、
医療は崩壊します。
現に産婦人科になりたがる医者は今いない。
日本の危機。これは報道からきてる側面もあると肝に命じて読んでください。
医療従事者は最大限注意するに限る

引用元:Yahoo!コメント

現場の医療関係の方のコメントです。

産婦人科医になりたがる人は、やはり減ってきているのですね。

これは、とても困ります。

過剰に煽るような報道には注意する必要がありそうです。

まとめ

今回は、

川島美沙さんが出産し提訴されている産婦人科はどこ?陣痛促進剤事件!

と題しまして、川島美沙さんが出産し提訴されている産婦人科はどこなのか、陣痛促進剤事件!について調査をしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

うちの息子の嫁も最近出産したのですが、帝王切開で生みました。

帝王切開だから、自然分娩よりも簡単だろうと思っていたら、全く違って痛みは物凄いそうです。

可愛い孫が無事にうまれてくれて、ほんとうに有難いと思いましたが、女は大変だということも改めて思いました。

そして、産婦人科が少なくて、病院選びが大変だったとも聞きました。

このような医師を提訴する事件が起きると、産婦人科の先生が委縮してしまうことも怖いなと思います。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。