(4/13追記)ケーエスケー元社員の顔画像と名前は?薬品を盗んで転売・バレない理由

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

はじっこ通信です。

自分の勤め先から薬品を盗んで転売していた男が懲戒解雇されました。

懲戒解雇となったのは、医薬品卸売業ケーエスケー」の元社員で、加古川市に住む57歳の男性です。

ケーエスケー

医学知識に乏しい私でも、名前を知っているくらい有名な会社!

そこの社員さんが、なんと1億1000万円相当の薬品を盗み、転売していたそうですよ。

凄いですね~。

なんでも男性は、兵庫県立リハビリテーション中央病院と神戸市立西神戸医療センター、そして旧三木市民病院に営業担当者として出入りしていたそうです。

分かりにくいのでまとめますね。

  1. 兵庫県立リハビリテーション中央病院
  2. 神戸市立西神戸医療センター
  3. 旧三木市民病院に営業担当者

この3つの病院に担当者として出入りできたのです。

そして、

  1. 旧三木市民病院で7230万円分
  2. 西神戸医療センターで1210万円分
  3. 県立リハビリテーション中央病院で2651万円分

これだけの薬品を盗んで転売していたそうです。

合計してみてください。

全部でなんと、1億1000万円相当ということですが合っていますか?

なんだか、書いていても眩暈がしてきます(笑)

恐ろしいくらいの額です。

それも何年にもわたって盗んでいたようですが、何故バレなかったのでしょう。

ここも不思議でなりません。

ということで、あまりに驚いたものですから前置きがすっかり長くなりましたが(笑)

今回は、ケーエスケー元社員の顔画像と名前は?薬品を盗んで転売・バレない理由

と題しまして、ケーエスケー元社員の顔画像と名前を調べてみた、薬品を盗んで転売・バレない理由って何なの?ということについて迫ってみたいと思います。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは事件の概要をご覧ください


兵庫県内の3つの公立病院から薬品あわせて1億円相当を盗んで転売したとして、大阪市の医薬品卸売業者が男性社員を2018年12月に懲戒解雇していたことがわかりました。

懲戒解雇されていたのは、医薬品卸売業「ケーエスケー」の元社員で、加古川市に住む57歳の男性です。
ケーエスケーによりますと、男性は2004年から2016年まで西神支店に勤務し、兵庫県立リハビリテーション中央病院と神戸市立西神戸医療センター、そして旧三木市民病院に営業担当者として出入り。

旧三木市民病院で2004年から薬品の転売をはじめ、2013年9月の閉院までに7230万円分、西神戸医療センターでは、2011年から4年間で1210万円分、県立リハビリテーション中央病院でも2012年から4年間で、2651万円分を盗んだとみられます。

(引用元:Yahoo!ニュース)

ケーエスケー元社員の顔画像と名前は?

盗みと転売を繰り返し、1億1000万円相当の被害を会社に与えた男の顔画像

どんな顔なのか見たいものですが、まだ、公開されていません。

名前もまだ、公開になっていないのですが、これだけの大きな事件ですので、時間をおかずに少しづつ全貌が見えてくるものと思います。

あらたな情報が入り次第、こちらに追記していきますね。

ケーエスケーの調査に対して男性は、「飲食代や服などの遊興費にすべて使った」と話しているそうです。

男性は1億1000万円、すべて使い切ったと言ってるのです!

なんとまあ、あっけらかんとした答でしょう。

男性にはこれから莫大な返済義務が生じますけどね。

全部使ってしまったとは。。。

それにしても、一社員がこれだけのお金を使っているのに、周りは気が付かなかったのでしょうか。

貰っているお給料以上に散財したら、誰かが不審を感じてもよさそうなものですが。

あいつ、やけに景気がいいぞって。思いますよね?

ただ想像するに、この男性は罪悪感が欠落しているようですので、お金の使い方も自然で上手だったのかもしれませんね。

薬品を盗んで転売・バレない理由

男性が薬品を盗んで転売していたことが発覚したのは、盗んだ薬品を持ち込んでいたとされる医薬品業者に国税局の調査が入ったことからでした。

みんな驚いたでしょうね~。

転売していた薬というのは、薬としての役目は果たせていたのでしょうか。

それも気になってきました。

どれだけの人がその薬を利用したのか分かりませんが、膨大な数になるでしょうね。

もう一度、男性が盗んだとされる病院名と金額をこちらに表示させてみますね。

男性は、

  1. 兵庫県立リハビリテーション中央病院
  2. 神戸市立西神戸医療センター
  3. 旧三木市民病院に営業担当者

この3つの病院に担当者として出入りをしていました。

そして、

  1. 旧三木市民病院で7230万円分
  2. 西神戸医療センターで1210万円分
  3. 県立リハビリテーション中央病院で2651万円分

これだけの薬品を盗んで転売していたそうです。

合計してみてください。

全部でなんと、1億1000万円相当ということですが合っていますか?

こんなに盗んでいたのに、何故、バレなかったのでしょう?

自分なりにバレない理由を考えてみたのですが、金額は、1億1000万円相当と凄いものがありますが、盗んだものが薬ですのでかさばらず、バッグに入れて持ち運べるものなのでバレなかったのかなと。

それと、たぶん、単独でやっていた。

仲間はいなかったのではないかと、これも推測ですが思います。

秘密がバレるのは、何といっても人の口からと決まっていますからね。

宝くじも、よく言わなくても自然にバレるといいますが、それは当たった人が誰かに話しているからということらしいですよ。

または、子供が嬉しくて友達に話してしまうとか。

それで、寄付金をねだられて引っ越しした、などの話を聞いたことがあります。

人の口には戸は建てられないとは、まさにこのことです。

昔からいいますよね。

ということで、男性は盗みも転売も、一人でやっていたからバレなかったのでしょう。

兵庫県と神戸市は、4月から「ケーエスケー」との薬品の取り引きを停止するそうです。また、県などは近く男性を刑事告訴する方針だということです。

男性はこれまでは天国でしたが、ついに地獄を味わうことになるわけです。

4/13 追記します!

ケーエスケー元社員に神戸新聞が取材したやりとりが発表になりました。

それによりますと、男性は薬品を盗んで転売していたことは事実で、期間は2004年から2015年まで

きっかけは、新聞広告で盗品を持ち込んでいた医薬品現金仕入れ業者の存在を知ったこと。

上手くいったので、その後深みにはまったと。

手口は、盗んだ医薬品を業者に宅配便で送り、代金は振り込み。

月に80万~100万円を得ていたそうです。

協力者はいたのか、の質問には、「いない。盗みも一人でやり、金も一人で使っていた」。

盗んだ医薬品は、生活習慣病や脳梗塞の治療に使う薬などが殆どのようです。

転売で得たお金の使い道を問われると、自分の遊ぶ金や飲食費に使う金と答えています。

ケーエスケーは元社員を刑事告訴をする方針です。

4/13 追記します!

元社員の顔画像がボカシ入りですが公開になりました。

 

まとめ

今回は、ケーエスケー元社員の顔画像と名前は?薬品を盗んで転売・バレない理由

と題しまして、ケーエスケー元社員の顔画像と名前を調べてみた、薬品を盗んで転売・バレない理由って何なの?ということについて迫ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。