子犬20匹動物園に放置したのは誰?飼育員ブログと犯人像についても!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは、はじっこ通信です。子犬20匹動物園に放置した犯人は誰?

サイトをご覧いただきありがとうございます!

栃木県の動物園に段ボールに入った子犬が相次いで捨てられ、動物園が対応に追われているそうです。

今回捨てられていた子犬は、ラブラドールレトリバー系とゴールデンレトリバー系の子犬9匹で段ボールにギューギューに詰められて捨てられていました。

詰め込まれていた子犬たちは、警戒心が強く抱き上げると悲鳴を上げ人を避けるしぐさをしたそうです。

これまでどんな酷い目にあってきたのか、想像がつく動物たちの姿に胸が締め付けられます。

これまでも何度も犬が動物園に捨てられていて、全部で20匹にも及ぶということです。

子犬20匹動物園に放置したのはいったい誰なのでしょう?

今回は、子犬20匹動物園に放置したのは誰?飼育員ブログと犯人像についても!と題しまして、子犬20匹動物園に放置したのは誰なのか、宇都宮動物園飼育員ブログと犯人像について迫ってみたいと思います。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子犬20匹動物園に放置したのは誰?

まずはニュースの概要をご覧ください。

5/8(水) 17:13配信のヤフーニュースです。


10連休の初日、栃木県の動物園にとんでもないものが置かれていたことが分かった。段ボール箱に入れられていたのは子犬。しかも去年11月からで、20匹にもなる。

先月27日に掲載された宇都宮動物園飼育員のブログ。去年11月中旬に4匹、下旬に7匹、そして先月9匹、合わせて20匹もの子犬が動物園に捨てられていたという。実は、捨てられたのは3回とも同じ場所で、しかも20匹すべてがレトリーバー系だった。
20匹の捨て犬のうち1匹は動物園で飼育され、残り19匹も幸いなことに新しい飼い主が見つかった。宇都宮動物園では毎週末、犬のしつけ教室を開催している。犬を捨てる飼い主を少しでも減らしたい。そんな思いから始まったものだ。

(引用元:Yahoo!ニュース)

10連休の初日、栃木県の宇都宮動物園にとんでもないものが置かれていました。

段ボールにギューギューに詰められ、捨てられていたのは子犬。

これは、今回だけではなく、去年11月中旬に4匹、下旬に7匹、そして先月9匹、合わせて20匹もの子犬が動物園に捨てられていたというのです。

詰め込まれた箱の隙間から子犬がおびえた目でコチラを見ています。

(引用元:Yahoo!ニュース)

これまでも、相当怖い目にあってきたのでしょう。

一体、だれがこんなことをするのか、とても悲しいですね。

保護された直後の写真では、数頭が身を寄せ合って人を怖がるしぐさも見せていたそうです。

(引用元:Yahoo!ニュース)

飼育員ブログと犯人像についても!

宇都宮動物園飼育員のブログ

宇都宮動物園では、ブログで、捨てられていた写真と共に現実を公開することにしました。

ブログには、

ショックを受ける人もいるかもしれませんが、こういう現実があるということを知ってほしいので書きます。

引用元:https://grapee.jp/669220

と綴られています。

どうしてこんなことができるのか…悲しい?悔しい?もう表現できない、言葉にできない感情でぐちゃぐちゃです。

正直、このブログを書くことも悩みました。

書くことで、子犬を捨てた犯人を多少追い詰めることはできても「じゃあ、今度は違う場所に捨てられたら?」「もしその捨てられた場所が、人があまり立ち入らない場所だったら?」「救えない命を生むことにつながりかねない…」そう考えると、書くべきなのか否か、何時間も悩みました。

でも、ほかの飼育員ともたくさん話し合い、解決に向かう第一歩として書く(動く)ことを決め、いまのブログ更新に至ります。

引用元:https://grapee.jp/669220

飼育員さんの動物への愛情が、ヒシヒシと伝わってくるブログです。

動物を飼うという行為は、命に責任を持つことであって、可愛いときだけアクセサリーのように犬を連れて歩くことではありませんよね。

一度、自分の家族として受け入れたのですから、最後まで命を見届ける責任が飼い主にはあると思います。

犬を放置した犯人像について

捨てられていた犬は、宇都宮動物園・荒井賢治園長によると、

同じような犬種で、同じくらいの頭数きてるので、取扱業の許可をもっている方、あるいは商売している方、業者の関係じゃないかなと我々は想像してます。売れ残りが手に負えなくなってきて置いていかれるんじゃないかな

(引用元:Yahoo!ニュース)

と推測しています。

捨てられていた段ボールも、犬用ペットシーツの入っていた箱だということで、犬を扱っている業者、ブリーダーではないかと推測されています。

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

ツイッターやネットの反応

  • 絶対悪質なブリーダーだと思います。
    きちんと犯罪として捜査して逮捕してほしい。
  • これも良くない事だけど最近、残虐な事件が多いから命を奪われなかったのなら、良かったと思ってしまった。
  • 完全にブリーダーの犯行だ。
    倒産でもしたのか、何だか訳は分からないが、
    こう言うのは良くない。
    命なのだから責任を持ってもらいたい。
    国内のブリーダーを徹底的に調べてください。
  • 許せない、絶対許せない。動物も、人間も全て「命」がある。アメリカのように、暫く日本も、ペットショップを閉鎖すれば良いのでは。動物を飼っている人達で、法の改正に繋がるように、声を挙げたら良いのでは。日本は、まだまだ、ペットに関する事が、緩すぎる。中途半端。物じゃないんだ。
  • 可愛いなぁ〜(о´∀`о)
    こんな、可愛いワンコを捨てるなんて、許せない!犯人を、探してください。
  • 放置した犯人は悪人ではあるが、良心は残っていると見る
    その結果身勝手にも動物園に迷惑をかけたわけだが
    本当に商品としてしか見ていないのなら後ろめたさも感じず
    保健所で殺処分を選ぶはずだし

    それを選ばず怒られるであろう方法を選んだあたり
    元々は本当に動物が好きだったのではないだろうか?

    (引用元:Yahoo!コメント)

捨てた犯人は、餌も一緒に置いていましたので、多少は良心の呵責を感じていたのかもしれません。

この事件に関してあらたな情報が入りましたら、追記します。

まとめ

今回は、子犬20匹動物園に放置したのは誰?飼育員ブログと犯人像についても!と題しまして、子犬20匹動物園に放置したのは誰なのか、宇都宮動物園飼育員ブログと犯人像について迫ってみました。

栃木県の動物園に段ボールに入った子犬が相次いで捨てられ、動物園が対応に追われているそうです。

今回捨てられていた子犬は、ラブラドールレトリバー系とゴールデンレトリバー系の子犬9匹で段ボールにギューギューに詰められて捨てられていました。

詰め込まれていた子犬たちは、警戒心が強く抱き上げると悲鳴を上げ人を避けるしぐさをしたそうです。

これまでどんな酷い目にあってきたのか、想像がつく動物たちの姿に胸が締め付けられます。

これまでも何度も犬が動物園に捨てられていて、全部で20匹にも及ぶということです。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。