志村昌彦の顔画像は?山日YBSグループの経理トップが飲酒で追突事故!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは、はじっこ通信です。

 

サイトをご覧いただきありがとうございます!

 

酒気帯び運転で追突事故を起こし、山日YBSグループの60歳の男が逮捕されました。

 

逮捕されたのは、山梨文化会館の経理局長・志村昌彦容疑者(60)

 

志村容疑者は、18日午前11時頃、昭和町河西の町道を運転中、赤信号待ちをしていた車に追突しました。

 

志村容疑者の呼気からは、基準値を超えるアルコールが検出され現行犯逮捕となったのです。

 

これだけ飲酒運転での事故が叫ばれている中、またもや飲酒運転し事故を起こした志村容疑者は、山梨日日新聞社や山梨放送などが代表となる山日YBSグループ14社のうちのひとつ、山梨文化会館の経理局長というポストにある人物です。

 

今回は、志村昌彦の顔画像は?山日YBSグループの経理トップが飲酒で追突事故!と題しまして、志村昌彦の顔画像と、山日YBSグループの経理トップが飲酒で追突事故について迫ってみたいと思います。

 

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事件の最新報道

まずは志村容疑者の起こした事件の概要をご覧ください。

 

5/18(土) 19:00配信のヤフーニュースです。

 

 

18日午前、酒気帯び運転で追突事故を起こしたとして山日YBSグループの60歳の経理局長の男が逮捕されました。
酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されたのは山梨文化会館の経理局長・志村昌彦容疑者60歳です。
警察によりますと、志村容疑者は18日午前11時頃、昭和町河西の町道を運転中、赤信号で停まっていた乗用車に追突しました。
その後の警察の調べで志村容疑者から基準値を超えるアルコールが検出されました。
乗用車を運転していた男性にけがはありませんでした。
志村容疑者は山日YBSグループ14社をまとめる経理部門のトップで山梨文化会館は「社員が逮捕されたことを重く受け止め、容疑が事実であれば厳正に処分する」とコメントしています。

(引用元:Yahoo!ニュース)

志村昌彦の顔画像は?

志村容疑者の顔画像とプロフィール

志村容疑者の顔画像は、残念ながらまだ公開になっていません。

 

情報がはいりましたら、随時こちらに追記をしていくつもりです。

 

ここでは、志村容疑者について現在わかっていることをまとめてみます。

 

名前:志村昌彦(しむら・まさひこ)

年齢:60歳

職業:山梨文化会館の経理局長

逮捕容疑:酒気帯び運転の疑い

事故現場:昭和町河西の町道

▼マップはこちら

山梨文化会館について

志村容疑者の勤務先である山梨文化会館は、丹下健三の設計により1966年に竣工した建物です。

 

建物の特徴は、いくつかの円柱と梁とで支えられた建物で、構造的にフロアを仕切る壁などを配置する必要がなく自由な間取りが可能で、設計者の丹下氏もとても気に入った建物で、自身の代表作として山梨文化会館を挙げているそうです。

 

 山日YBSグループの経理トップが飲酒で追突事故!

酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されたのは山梨文化会館の経理局長・志村昌彦容疑者は、山日YBSグループ14社をまとめる経理部門のトップ。

志村容疑者の逮捕をうけて山梨文化会館は、

社員が逮捕されたことを重く受け止め、容疑が事実であれば厳正に処分する

(引用元:Yahoo!ニュース)

とのコメントを発表しています。

 

山日YBSグループは、山梨文化会館のほかに、山梨日日新聞や山梨放送など擁する山梨の総合情報メディアグループで、いわば山梨の文化の代表みたいなところ。

 

志村容疑者は60歳ということですから、定年間近だったのでしょうか。

 

折角、築き上げてきたこれまでの功績も、すべて水の泡となってしまいました。

 

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

 

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

ネットの声

  • 山日グループは過去に酒井康宜アナの飲酒事故も報道しなかったくらいだから、今回も報道はされないでしょう。
    酒井アナもほとぼりが覚めたら復帰してたことを考えると、今回の局長もクビにはならないんじゃない。
    マスメディアなのに身内に甘~い体質は改善されないと思うよ。
  • 明日の山日新聞の記事がどのように書かれるのか…公務員が飲酒した時と同じようなちゃんとした記事を書いてくれるのか。楽しみにしていますよ!
  • YBSの不祥事をUTYが報じることになるとは…。
  • YBS は流さないんだろうこの報道は
  • 残念な会社
  • YBSと言えば、4年前に営業部長が飲酒で人身事故を起こし、1年前には記者が飲酒運転で物損事故を起こすが上司の指示で警察へ通報せず、記者は部署異動しただけで上司への処分はなし。これで一般市民や公務員が起こした飲酒運転を批判しているんだから手に負えない。そして自社発行の新聞にはこの件は掲載しないだろう。YBSは組織じたいが本当に腐っている
  • 酒気帯び事故で会社員逮捕[05/18 19:42] (YBSより)18日、昭和町で酒を飲んで車を運転し赤信号で停まっていた車にぶつかったとして会社員の男が現行犯逮捕された。
    道路交通法違反・酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは山梨文化会館の経理局長、志村昌彦容疑者(60)。まあ、UTYも「山日YBS球場」の名称使わないし
  • まさか代行代も無い程、安月給なワケ無いでしょうが。二日酔い状態ならタクシー使えよ!セコいヤツだ!

(引用元:Yahoo!コメント)

以前にも社員が事故をおこしている会社で、社員にはおとがめなし。

 

部署異動でお茶をにごしている会社なのですね!

 

それで、一般市民や公務員がおこした事故は批判していると?

 

今回の志村容疑者の事件がどのように処分をうけるか、確認しないといけませんね。

 

あらたな情報がはいったら、追記したいと思います。

まとめ

今回は、志村昌彦の顔画像は?山日YBSグループの経理トップが飲酒で追突事故!と題しまして、志村昌彦の顔画像と、山日YBSグループの経理トップが飲酒で追突事故について迫ってみました。

 

酒気帯び運転で追突事故を起こし、山日YBSグループの60歳の男が逮捕されました。

 

逮捕されたのは、山梨文化会館の経理局長・志村昌彦容疑者(60)

 

志村容疑者は、18日午前11時頃、昭和町河西の町道を運転中、赤信号待ちをしていた車に追突しました。

 

志村容疑者の呼気からは、基準値を超えるアルコールが検出され現行犯逮捕となったのです。

 

これだけ飲酒運転での事故が叫ばれている中、またもや飲酒運転し事故を起こした志村容疑者は、山梨日日新聞社や山梨放送などが代表となる山日YBSグループ14社のうちのひとつ、山梨文化会館の経理局長というポストにある人物です。

 

山梨文化会館では、

社員が逮捕されたことを重く受け止め、容疑が事実であれば厳正に処分する

とコメントを発表していますので、今後の成り行きに注目したいです。

 

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

 

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。