静岡南署の窃盗事件の犯人は?証拠車両からバッグを盗難・中身は何?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは、はじっこ通信です。

サイトをご覧いただきありがとうございます!

車の窃盗事件に絡み乗り捨てられたとみられる証拠車両から、バッグが持ち去られました

窃盗事件があったのは、静岡市駿河区の静岡南署

26日夜から27日朝までの間に運転席側の窓ガラス1枚が割られ、車内にあったバッグ3個とナンバープレート9枚が盗まれました。

自動車は、窃盗事件に関連する不審者が乗っていたもので、27日午前9時ごろ検証しようとして気づいたということです。

今回は、静岡南署の窃盗事件の犯人は?証拠車両からバッグを盗難・中身は何?と題しまして、静岡南署の窃盗事件の犯人について、証拠車両からバッグを盗難・中身は何について迫ってみたいと思います。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事件の最新報道

まずは事件の概要をご覧ください。

2019年4月28日 日曜 午前6:27配信のFNNニュースです。

静岡市の警察署に保管されている自動車の窓ガラスが割られ、中にあったボストンバッグなどの証拠品が盗まれていたことがわかった。

窃盗事件があったのは、静岡市駿河区の静岡南署で、署によると、盗まれたのは証拠品として車庫に保管されている、自動車の中にあったナンバープレート9枚とボストンバッグ3個。

自動車は、窃盗事件に関連する不審者が乗っていたもので、運転席の窓ガラスが割られていた。

27日午前9時ごろ、検証しようとしたところ、被害に気づいたという。

保管してあった車庫に、シャッターはついていなかった。

静岡南署は、窃盗事件として捜査するとともに、今後、対策を考えていきたいとしている。

(引用元:FNN)


保管してあった車庫にシャッターがついてなかったとは言え、警察の敷地に入り、なおかつ車のガラスを割り、バッグを持ち出すとは思い切った犯行ですよね。

よほど大切なものが、バッグの中に入っていたとしか思えません。

謎ですねぇ。。。

警察は、バッグの中身を明らかにしていません。

静岡南署の窃盗事件の犯人は?


バッグを持ち去った犯人は誰なんでしょう?

乗用車は25~26日に発生した車の窃盗事件に絡み乗り捨てられたとみられ、同署が26日に押収した証拠品でした。

乗り捨てられてはいましたが、車を窃盗した犯人は、そんなに早く警察に車が発見されるとは思わなかったのかもしれませんね。

西川功副署長は

証拠品の保管方法に問題はなかったと考えているが、今後、対策を取る必要がある

と、このようにコメントを発表しています。

犯人は、警察が証拠車両を置いている車庫に、シャッターがないことを知っていたのかもしれませんが、警察も迂闊でしたね。

証拠車両からバッグを盗難・中身は何?

証拠に押収した車から盗まれたバッグの中身、気になりますよね。

犯人が危険を冒してまで、奪いに来たバッグの中身は、いったい何だったのでしょう。

警察は中身について、明らかにしていません。

いずれにしても、バッグの中身は警察には見られたくなかったもの。

たとえば、札束や、薬とか盗品、あるいは、死体が入っていたとか、これは考えすぎでしょうか。

押収したときに、警察が確認はしているでしょうから、そこまでのことはないでしょうが、気になりますね。

この事件について、あらたな情報がはいりましたらこちらに追記していきたいと思っています。

まとめ

今回は、静岡南署の窃盗事件の犯人は?証拠車両からバッグを盗難・中身は何?と題しまして、静岡南署の窃盗事件の犯人について、証拠車両からバッグを盗難・中身は何について迫ってみました。

車の窃盗事件に絡み乗り捨てられたとみられる証拠車両から、バッグが持ち去られました

窃盗事件があったのは、静岡市駿河区の静岡南署

26日夜から27日朝までの間に運転席側の窓ガラス1枚が割られ、車内にあったバッグ3個とナンバープレート9枚が盗まれました。

自動車は、窃盗事件に関連する不審者が乗っていたもので、27日午前9時ごろ検証しようとして気づいたということです。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。