(4/26追記)小学校の主任主事が467万円着服!使い道がヤバい!校長先生の評判も

スポンサーリンク



スポンサーリンク



4/26 追記と訂正

男性主任主事の名前は、石鍋誠道(34)

  • 「千葉市立真砂中」勤務時に467万円着服
  • 現在の勤務先が「千葉市立稲毛小」です。

記事では、「千葉市立稲毛小」で着服と書きましたが、着服したのは「千葉市立真砂中」に勤務していたときの間違いでした。

お詫びして訂正します。


 

こんにちは、はじっこ通信です。

サイトをご覧いただきありがとうございます!

保護者から集めた修学旅行費など約467万円を着服した男性主任主事が懲戒免職となりました。

懲戒免職の処分を受けたのは、市立稲毛小学校の男性主任主事(34)

男性は、昨年9月~今年3月の間に修学旅行の積立金を口座から引き出したり、金庫から持ち出したりしていました。

男性は何故、そんなに多額のお金が必要だったのか。

今回は、小学校の主任主事が467万円着服!使い道がヤバい!校長先生の評判もと題しまして、小学校の主任主事が467万円着服と使い道がヤバい!校長先生の評判もに迫ってみたいと思います。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事件の最新報道

まずは事件の概要をご覧ください。

4/25(木) 21:38配信のヤフーニュースです。

千葉市教委は25日、保護者から集めた修学旅行費など約467万円を着服したとして、市立稲毛小学校の男性主任主事(34)を懲戒免職処分とした。弁済のめどはたっていないが、管理職が立て替えたため修学旅行は実施できる。市教委は刑事告訴を検討している。

市教委によると、男性は市立真砂中に勤務していた昨年9月~今年3月、修学旅行の積立金などを学校の口座から引き出したり、事務室内の金庫から持ち出したりしていた。3月末の異動時に学校の通帳を持ち去り、後任の事務職員から通帳がないと報告を受けた校長が4月15日に聞き取ったところ着服を認めた。市教委への会計報告書には虚偽の数字を記入し、校長らも確認を怠っていた。

(引用元:Yahoo!ニュース)(一部省略)

子供たちの就学旅行の積み立て金を使い込んでしまった男性主任主事に、弁済の目途はたっていません。

ですが、管理職が立て替えたために修学旅行は実施できるとのことです。

改めて、子供の楽しい修学旅行のお金に手をつけた男性主任主事に、怒りが湧いてきます。

小学校の主任主事が467万円着服!使い道がヤバい!

小学校の主任主事の呆れた所業

男性は市立真砂中に勤務していた昨年9月~今年3月、たった半年の間に467万円も使い込みをしてしまいました。

犯行現場となった稲毛小学校は、歴史のある小学校で地元に愛されている小学校と父兄からも評判の良い小学校です。

校歌は芥川也寸志さんの作曲だそうです。

挨拶をとても大切にしている学校で、少し道が狭いことから、登下校時は地域の人たちが見守りにたって子供たちが安全に通学できるよう、協力してくれています。

そして、先生方は悪いことは悪い、良いことは良いで指導してくれている、というのが父兄の口コミに書かれていました。

こんなに地域の人も協力してくれる環境の良い学校で仕事しながら、今回の男性主任主事の所業には呆れるばかりです。

男性は、着服がバレないように、3月末の異動時に学校の通帳を持ち去るという大胆な行動に出ていました。

しかし、そんな小細工はすぐに後任の人に見抜かれてしまいます。

報告を受けた校長が男性に聞き取りしたところ、男性は着服をみとめたそうです。

使い道がヤバい!

さて、着服したお金は何に使われたと思います?

男性は市の教育委員会に対し、

9月に金庫から現金がなくなり、自分の責任が問われると思い、競馬で当てて穴埋めしようと考えた

と説明しているそうです。

競馬、つまりギャンブル。

男性は、子供たちの積み立てた修学旅行のお金をギャンブルで使い果たしてしまったのです!

結局、競馬で勝つことはできずに次々と着服するはめになるのですが、4月13、14日に最後の勝負と40万つぎこみ、ほぼ全額負けてしまいました。

4月13、14日に何があったかと調べてみましたが、皐月賞のレースがあった日です。

校長先生の評判も

何か、悲しくなるほど酷い市立稲毛小学校の男性主任主事ですが、着服したお金の弁済の目途はたっていません。

ただ、管理職が建て替えたため、子供たちの修学旅行は支障なく行けることになったそうです。

そこだけは、ほっとするニュースでした。

市立稲毛小学校の口コミをみていますと、校長先生が素晴らしいという声が多く上がっています。

閑静な住宅街な校区のせいか、荒れたりすることもなく、歴史も古いので地域の方の見守りなども安心できるということで、父兄の評判もとてもよい学校のようですね。

今回の不祥事で使い込みしたお金を建て替えしてくれたのは、もしかしたら、校長先生かもしれませんね。

使い込みした男性職員は、今後、市教育委員会から刑事告訴される可能性もあるということです。

教育に携わる職業についていながら、ギャンブルに狂って学校のお金に手をつけてしまうなど、素行不良な職員がいたことが、市立稲毛小学校の不幸でした。

まとめ

今回は、小学校の主任主事が467万円着服!使い道がヤバい!校長先生の評判もと題しまして、小学校の主任主事が467万円着服と使い道がヤバい!校長先生の評判もに迫ってみました。

保護者から集めた修学旅行費など約467万円を着服した男性主任主事が懲戒免職となりました。

懲戒免職の処分を受けたのは、市立稲毛小学校の男性主任主事(34)

男性は、昨年9月~今年3月の間に修学旅行の積立金を口座から引き出したり、金庫から持ち出したりしていました。

着服したお金の弁済の目途はたっていませんが、管理職がお金を建て替えたため、子供たちの修学旅行は支障なく行けることになったそうです。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。