帝釈峡漁協の前で男性殺人事件?犯人は誰で動機は?現場の状況と凶器も

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

はじっこ通信をご閲覧いただき、ありがとうございます。

広島県庄原市の漁協前で男性が血を流して倒れて死亡しているのが見つかりました。

男性は、74歳の漁協関係者と見られています。

男性の首や腹には、刃物で刺したと思われる複数の傷があったということです。

近くには血のついた刃物も落ちていて、警察では殺人の疑いもあるとして調べています。

いったい、誰がこんなむごいことをしたのでしょう。

今回は、帝釈峡漁協の前で男性殺人事件?犯人は誰で動機は?現場の状況と凶器も

と題しまして、帝釈峡漁協の前で男性殺人事件ま場所や犯人は誰で動機は?現場の状況と凶器も、について調査したいと思います。

ご参考になれば幸いです。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは事件の概要をご覧ください


27日午前、広島県庄原市の漁協前で男性が血を流して倒れているのが見つかり死亡が確認されました。近くには刃物が落ちていて、警察は殺人の可能性もあるとみて調べています。

午前7時半ごろ、庄原市にある帝釈峡漁協の前で「75歳くらいの男性が頭から血を流して倒れている。近くには包丁が落ちていて意識と呼吸がない」と通報がありました。警察が駆け付けたところ、漁協関係者の70代とみられる男性が倒れていて、死亡が確認されました。捜査関係者によりますと、男性の近くには血の付いた刃物が落ちていて、殺人事件の可能性もあるとみて捜査しています。

引用元:Yahoo!ニュース 

帝釈峡漁協の前で男性殺人事件?

引用元:Yahoo!ニュース 

現場は、庄原市東城町帝釈宇山にある「帝釈峡漁協」の前です。

午前7時半ころ、「75歳くらいの男性が頭から血を流して倒れている。近くには包丁が落ちていて、意識と呼吸がない」と漁協関係者から通報がありました。

駆け付けた警察官が、男性の死亡を確認したということです。

画像に現場に残っていた血のついた包丁が写っていますが、こわいですね。

犯人は誰で動機は?現場の状況と凶器も

現場は、「帝釈峡漁協」の前です。

現場の状況は、男性が血を流して倒れていて、男性の近くには血のついた凶器と思われる包丁が落ちていたということです。

朝、7時半に漁協関係者が男性が倒れているのを見つけていますから、男性はもっと早い時間に何等かの事件に巻き込まれた可能性が高いわけです。

殺人事件だとしたら、いったい犯人は誰で、動機はなんなのでしょう。

現場には規制線が張られ、物々しい雰囲気ということです。

引用元:Yahoo!ニュース 

今のところ、情報が少なく、わかっていることは、

名前:不明

年齢:74歳

死亡時刻:午前7時半ころ?

職業:漁協関係者

事件の詳細:殺人事件?

現場住所:「帝釈峡漁協」の前

このように、詳細はまだ分かっていません。

この事件についてあらたな情報がはいりましたら、こちらに追記していきたいと思います。

まとめ

今回は、帝釈峡漁協の前で男性殺人事件?犯人は誰で動機は?現場の状況と凶器も

と題しまして、帝釈峡漁協の前で男性殺人事件ま場所や犯人は誰で動機は?現場の状況と凶器も、について調査しましたが、いかがでしたでしょうか?

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。