要害義之顔画像特定!酔いながらタクシー運転人身事故で車内に焼酎

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは、はじっこ通信です。

サイトをご覧いただきありがとうございます!

24日、東京・港区でタクシー運転手が、乗務中に酒を飲み酔った状態でタクシーを運転し、その挙句人身事故を起こして逮捕されたという呆れた事件が起きました。

逮捕されたのは、タクシー運転手の要害義之(ようがい・よしゆき)容疑者。

要害容疑者のタクシーのドライブレコーダーには、乗務開始の10分後に要害容疑者が、焼酎を飲む様子が記録されていました。

要害容疑者からは、基準値の4倍近いアルコールが検出されているそうです。

そんなに飲みたければ、タクシー業務を休んで家で飲めばいいのに、お酒を手放せないのでしょうね。

今回は、要害義之顔画像特定!酔いながらタクシー運転人身事故で車内に焼酎と題しまして、要害義之顔画像特定、酔いながらタクシー運転人身事故で車内に焼酎ということについて迫ってみたいと思います。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

事件の最新報道

まずは事件の概要をご覧ください。

4/26(金) 10:26配信のヤフーニュースです。

酒に酔った状態でタクシーを運転し、人身事故を起こしたとして運転手の男が逮捕された。車内からは焼酎が入ったペットボトルが見つかったという。

危険運転致傷の疑いで現行犯逮捕されたのは、タクシー運転手の要害義之容疑者。警視庁によると要害容疑者は24日、東京・港区で、酒に酔った状態でタクシーを運転して車2台に衝突し、男性にケガをさせた疑いが持たれている。

ドライブレコーダーには、乗務開始の10分後に要害容疑者がペットボトルに入れた焼酎をトマトジュースで割って飲む様子が記録されていたという。

要害容疑者からは基準値の4倍近いアルコールが検出されていて、調べに対し、「焼酎を300ミリリットル飲んだ」などと話しているという。

(引用元:Yahoo!ニュース)

 要害義之顔画像特定!

要害容疑者の顔画像あり!


要害容疑者は、タクシー業務を開始して10分後に、ペットボトルに入れた焼酎をトマトジュースで割って飲む様子がしっかりドライブレコーダーに記録されていました。

記録されているのは分かっているはずなのですが、飲みたい気持ちが抑えられないのでしょうね。

警察の調べに対して、要害容疑者は、

焼酎を300ミリリットル飲んだ

(引用元:Yahoo!ニュース)

と話しているそうです。

そんな酒に酔った状態でタクシー業務をし、車2台に衝突。

男性にケガをさせているのですから、滅茶苦茶です。

会社はこのことを察知していなかったのでしょうか。

ドライブレコーダーに移った映像の管理はどうなっているのでしょう。

勿論、要害容疑者が悪いのですが、会社の管理体制にも問題があるのではないでしょうか。

酔っ払い運転でタクシーの運転手をするなんて、聞いたこともありません。

絶対に、こんなタクシーには乗りたくないです。

酒の臭いに気が付いたら、即、止めて降ります。

酔いながらタクシー運転人身事故で車内に焼酎

ネット上やツイッターのコメントでは、報道を受けて以下のような投稿がありました。

ツイッターやネットの反応

 要害容疑者の勤務先のタクシー会社はどこ?

不確定情報ですが、要害容疑者の勤務するタクシー会社は「飛鳥交通 川口営業所」ということです。

警察の調べにたいして、要害容疑者は、

家族に酒を止められていたので隠れて飲んでいた

と供述しているそうです。

酒を飲み始めたのは、25日朝、営業を始める際にタクシー会社で飲酒の検査を受けたあとのこと。

出発から10分後にリュックサックに隠しておいた焼酎とトマトジュースを取り出し、割って飲む姿がドライブレコーダーに記録されています。

その後も4時間、焼酎を飲みながら運転していたとのことです。

確かにこれなら、タクシー会社は気がつきませんね。

乗務前の点検では、異常なし、なのですから。

まさか、乗務しながら飲むとは誰も予測できなかったことでしょう。

しかしこれは、前代未聞ですね。

飲酒運転撲滅が叫ばれていますが、飲みながら運転されてはお手上げです。

タクシーに乗るときは、変な事故に巻き込まれないように、臭いも気をつけなくてはいけませんね。

まとめ

今回は、要害義之顔画像特定!酔いながらタクシー運転人身事故で車内に焼酎と題しまして、要害義之顔画像特定、酔いながらタクシー運転人身事故で車内に焼酎ということについて迫ってみました。

24日、東京・港区でタクシー運転手が、乗務中に酒を飲み酔った状態でタクシーを運転し、その挙句人身事故を起こして逮捕されたという呆れた事件が起きました。

逮捕されたのは、タクシー運転手の要害義之(ようがい・よしゆき)容疑者。

要害容疑者のタクシーのドライブレコーダーには、乗務開始の10分後に要害容疑者が、焼酎を飲む様子が記録されていました。

要害容疑者からは、基準値の4倍近いアルコールが検出されているそうです。

そんなに飲みたければ、タクシー業務を休んで家で飲めばいいのに、お酒を手放せないのでしょうね。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。