小倉智昭 休養発表ぼうこうがんの全摘出のため!とくダネ!で生報告

スポンサーリンク



スポンサーリンク



小倉智昭 休養発表が自身の司会するとくダネ!で報告されました。

こちらが小倉智昭さんの休養発表にたいする詳細です。

フジテレビ系情報番組「とくダネ!」で司会を務める小倉智昭さん(71)は5日、同番組で、ぼうこうがん手術の事前検査のため6~9日に休養することを明らかにした。12日に番組に一時復帰する予定だが、今月下旬頃から手術のため長期休養する見通しであることも明らかにした。

小倉さんは、約2年半前にぼうこうがんの手術をしたが、今夏に出血するなどしたため、ぼうこうの全摘手術を受けることを決意したと説明した。

引用元:小倉智昭さん、ぼうこうがんで全摘出術へ、長期休養も

 

今回は、

小倉智昭 休養発表ぼうこうがんの全摘出のため!とくダネ!で生報告

と題して書いてみようと思います。

それでは早速、始めましょう。

小倉智昭 休養発表に対するネットの反応

 

 

ただガンになりましたなんて情報はいらないからどうやって見つかったかどんな症状でどうしていくのかを発表される事は為になるので素晴らしい。

 

 

小倉さん 大変な状況で番組に出演されていたんですね 不安も心配な事も沢山あると思いますがテレビの前で待っていますのでゆっくり戻って来られて下さい 根治される事願っています

 

膀胱ガンと聞くと優作さん思い出してしまう。 小倉智昭さんさんお大事に

とこのように、ネットでも小倉智昭さんの快復を願う声がたくさん寄せられていました。

今年の夏に激しい出血

小倉さんは、ご自分の病状にたいして、

「ずっと前からあるんです。2年半前に内視鏡の手術をして膀胱がんをとりました。でも、浸潤がんと言いまして、筋肉層まで入って質の悪いがんがあったので、その辺は取れなかったんですね」

と説明されています。

お医者さんからは、ぼうこうの全摘出を勧められていたのですが、ご自身はどうにも踏み切れなくていたのだそうです。

「ただ、どうしても僕は膀胱を温存したくて、さまざまな免疫療法とか、そのほかいろんな治療をしてきて、幸い今のところ、転移はありません。泌尿器科の先生には『奇跡にしか思えない」

と話されていた小倉さんですが、今年の夏に激しい出血があり、膀胱炎も併発、頻尿にも苦しんでいたそうです。

 

膀胱全摘出手術へ

病を押して仕事をしていた小倉智昭さんですが、激しい出血やその他の体調の悪化に、ついに膀胱全摘出の手術を受けることを決意しました。

ご本人の弁では、

「ついにお医者様に言われた結論。全摘をしなくてはいけないのかなと。膀胱がんを根治させるためには、とにかく全摘出をしてくださいと言われているので、全摘することになりました」

とこのように話されています。

小倉智昭さんは多趣味な方で、歌も歌われるのですね。

 

手術の成功と、またお元気な姿が拝見できることを願っています。

まとめ

今回は、

小倉智昭 休養発表ぼうこうがんの全摘出のため!とくダネ!で生報告

と題して、キャスターの小倉智昭さんについてお伝えしました。

どうぞ、一日も早い回復を願っています。

それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。