(追記あり)内田裕也の葬儀告別式はいつ?出身や家族と学歴・経歴と評判や伝説も

スポンサーリンク



スポンサーリンク



3/18 追記します!

事務所の発表によると、内田裕也さんの葬儀は、近親者のみの家族葬で執り行われます。

後日、お別れの会を執り行う予定ということです。

 

こんにちは!

はじっこ通信をご閲覧いただき、ありがとうございます。

ロック歌手で映画俳優としても活躍した内田裕也(うちだ・ゆうや)さんが17日、東京都内で死去しました。

享年79歳。

18年9月15日に妻で女優の樹木希林さん(享年75)に先立たれ、喪失感が消えない日々を過ごしていた中でのお亡くなりになったそうです。

内田さんは都知事選出馬など常に話題を提供し続けたロック界のカリスマでした。

樹木希林さんの死から半年。

妻の後を追うように亡くなった内田裕也さんのそばには、娘の也哉子さんが付き添っているそうです。

今回は、内田裕也の葬儀告別式はいつ?出身や家族と学歴・経歴と評判や伝説も

と題しまして、内田裕也の葬儀告別式はいつなのか、出身や家族と学歴・経歴と評判や伝説も、についてまとめてみたいと思います。

ご参考になれば幸いです。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずはニュースの概要をご覧ください


ロック歌手で映画俳優としても活躍した内田裕也(うちだ・ゆうや、本名内田雄也)さんが17日、東京都内で死去した。79歳。兵庫県西宮市出身。17年11月に脱水症状で倒れてから車椅子生活を余儀なくされていた。18年9月15日に妻で女優の樹木希林さん(享年75)に先立たれ、喪失感が消えない中での死となった。都知事選出馬など常に話題を提供し続けたロック界のカリスマだった。

希林さんの死から半年、波乱に満ちた“ロケンロール人生”に幕が引かれた。年明けから体調が悪化し、17日に天に召された。1995年に俳優の本木雅弘(53)と結婚した長女の也哉子(43)らが裕也さんの遺体に寄り添っていた。

晩年は病気やケガと闘う日々が続いた。16年11月に英国ロンドンのホテルの浴室で転倒し、尾てい骨を強打。17年夏には転倒して右足甲を骨折。さらに同11月に脱水症状を起こして緊急入院するなど、満身創痍(そうい)だった。  引用元:Yahoo!ニュース(一部省略) 

内田裕也の葬儀告別式はいつ?

内田さん、いつも元気なイメージがあったのですが、ご病気だったのですね。

樹木希林さんの葬儀では、喪主を務められ、その落胆ぶりにいかにお二人が深く結ばれたご夫婦なのかという思いを強くしたものでした。

樹木希林さんとの風変りな別居生活も43年にも及び、世間的には醒めた夫婦として見られていましたが、いつだったか希林さんがテレビで「主人の部屋はあるのよ」と話していたのを思い出します。

希林さんは、娘さんの也哉子さんにどうして離婚しないのか、と聞かれたときに、

「彼にはひとかけらの純なものがあるから」と答えたのだそうです。

一方の裕也さんも、

「一生、頭が上がらない」

と話していたといいます。

そんなお二人を見つめていた也哉子さんが、裕也さんをきちんと見送ってくれる姿は、希林さんもお喜びでしょう。

もしかしたら、寂しいからこっちにきてと希林さんが呼び寄せたのかもしれませんね。

内田裕也の葬儀告別式はいつ?ということですが、この記事を書いている、3月18日3:51分現在は、まだ発表にっていません。

内田裕也さんの葬儀告別式の詳細が発表になりましたら、こちらに追記したいと思います。

▼合わせてこちらもどうぞ!

 

出身や家族と学歴・経歴と評判や伝説も

内田さんのご出身やご家族のこと、学歴・経歴をまとめてみました。

名前     内田裕也(うちだ・ゆうや)

本名     内田雄也(うちだ・ゆうや)

生年月日   1939年11月17日

没年月日   2019年03月17日(79歳没)

出身地    兵庫県西宮市

職業     俳優・脚本家・映画監督・ミュージシャン

血液型    B型

配偶者    樹木希林(2018年死別)

家族     内田也哉子(娘)

元木雅弘(娘婿)

内田雅楽・内田伽羅・内田玄兎(孫)

学歴     清教学園中学時には生徒会副会長

旭高等学校を中退

エルビス・プレスリーに憧れて高校を中退した内田裕也さんは、1957年にバンドボーイとして音楽活動をスタートさせました。

1959年に日劇ウエスタンカーニバルでデビューし、66年のビートルズ日本公演では尾藤イサオ(75)らとの特別編成のバンドで前座を務めるなど多彩な経歴を持ったひとでした。

故かまやつひろしさんの紹介で出会った希林さんと73年10月にスピード結婚するも、一年半後には別居生活にはいり、別居生活はなんと43年にも及びました。

大坂「ナンバ一番」で、ジュリーこと沢田研二さんをスカウトした話は有名です。

奔放な人に見えましたが、実はとても情に篤い人で、東日本大震災の被害者の方へいつも心を寄せていました。

3月11日の東日本大震災の追悼式も、体調の悪い今年はいけませんでしたが、毎年欠かさず出席していたということです。

少年時代は発明に凝るなど、真面目で勉強熱心なタイプだった内田裕也さんは、心のまっすぐな純な人だった。

それを樹木希林さんは知っていて、裕也さんが、大麻取締法違反、銃刀法違反、そして強要未遂と住居侵入容疑と3度の逮捕歴を重ねても、信じて離婚には踏み切らなかったのですね。

晩年は怪我や病気と闘う日々が続き、満身創痍だった内田さんはいま、妻の希林さんのもとで安らいでいるのかもしれません。

今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか?

ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。

ネットの声

  • 希林さんの後を追うように逝かれたのですね。ご冥福をお祈りいたします。
  • 長年の別居でも夫婦にしかわからない絆があるのだと改めて感じました。
    娘さんは1年の間にご両親が亡くなられて心中お察しします。
    マスコミの方は、ご遺族への取材など控えてほしいと切に思います。
  • 希林さんが裕也さんと会えて喜んでいらっしゃるかもと不謹慎にも思ってしまった。お二人は本当に深いご夫婦だったんだなと思った。
  • 夫婦の事は夫婦にしかわからない。離婚届けにしても逮捕歴にしても他人から見たら不思議な事ばかり。
    ご冥福をお祈りします。大学の時に教授が雑談した話。
    「人という時で上の長い方が夫で下の短い方が妻。支える妻が死ねば夫はパタンと倒れる。逆に抑えつけてる夫がいなくなれば妻は自由に伸びる」
    不謹慎な…結婚したくなくなる事を言うなと思ってましたが、実際に妻をなくすと2、3年以内に亡くなる男性が多いんです。昔は男性の方が年上での結婚が多かったからでしょうが、それだけでは説明のつかない現象です。海外も??
  • ご冥福をお祈りいたします。
    平成が終わるこの年に、去っていかれたのか。
    思い起こすどの裕也さんも、ロックでちょっと面白くて人気者でしたね。
    お婿さんのもっくんが自宅前で暴れる裕也さんを確保した話は、
    何度聞いても笑顔を誘う。

    也哉子さんにとっては、一年もたたずしてご両親を亡くされてお気の毒だ。
    ひとつの時代が終わった、そんな感じがして寂しいね。

    引用元:Yahoo!コメント

内田裕也さんのご冥福を心からお祈りいたします。

まとめ

今回は、内田裕也の葬儀告別式はいつ?出身や家族と学歴・経歴と評判や伝説も

と題しまして、内田裕也の葬儀告別式はいつなのか、出身や家族と学歴・経歴と評判や伝説も、についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。