大相撲の東横綱稀勢の里が休場発表!初日から4連敗 引退危機再燃?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



大相撲の東横綱稀勢の里休場発表し、話題となっています。

以下は稀勢の里の休場を伝えるヤフーニュースです。

大相撲九州場所・5日目」(15日、福岡国際センター)

初日から4連敗していた横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦=が九州場所5日目の15日から途中休場することが決まった。この日朝9時、福岡・大野城市の宿舎で自ら報道陣の前に出て表明。その後、師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)も取材に応じた。

前夜に師弟で15分程、話し合い休場を決めた。親方は「本人が『このままでは終われない。もう1回チャンスを下さい』と。本人はしゃべるタイプじゃないのに。次に向けて全力でいきたい気持ちを感じた」と明かした。

8場所連続休場から先場所10勝を挙げて再起。今場所も心身とも好仕上げだったが、初日の小結貴景勝(千賀ノ浦)に敗れた際、右膝を痛めた。親方は「右膝の捻挫で違和感、痛みがある。1カ月の加療」と説明した。

繰り返した途中休場に進退を問う厳しい声が上がるのは避けられない。親方は「あいつの人生。一生懸命やっている。もう1回結果を出して応援してくれる人に恩返ししたいと思っている。必死にやっているけど土俵で勝つには初心に戻って鍛え直して体も心も充実していかないと」と弟子の思いを代弁した。初場所に進退を懸けることには「本人はいろんな思いでいると思うけど覚悟して臨むと思う」と話した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000049-dal-spo

スポンサーリンク
スポンサーリンク

来場所に期待

日本相撲協会の評議員の池坊保子さんは、

「100年ぶりの不名誉があっても、やはり私は引退しないで、先場所は10勝したんだから、次の場所は必ず勝つと信じて稀勢の里さんがこのままでは終わらせられないと、この一言に尽きるのではないかと思っています」

と発言し、来場所に期待を寄せています。

ネットの反応

ネットの反応は、稀勢の里を応援するツイートが多くみられました。

横綱不在の場所

今場所は初日から横綱の白鵬と鶴竜が休場し、横綱は稀勢の里だけでしたが、痛めていた膝をまたしても痛め、休場となりました。

というこことで、今場所は横綱不在の場所となります。

一人横綱としての重責もあったのでしょうが、体調も万全でないところに、またしても古傷を痛めたためこのような結果となりました。

稀勢の本人は、

「今場所は一人横綱で迎えた場所でしたが、休場することになりました。場所前は調子がよかったのですが、初日の相撲で右ひざを痛めてしまいました。初日から4連敗は悔しいです。最後まで務めるのが横綱としての責任だと思っていましたが、期待に応えられず、応援してくれたファンに本当に申し訳ない気持ちです」

と期待してくれたファンの方々に謝罪の言葉を寄せています。

まとめ

今回は、

大相撲の東横綱稀勢の里が休場発表!初日から4連敗 引退危機再燃?

と題して稀勢の里の休場のニュースをお伝えしました。

怪我に泣いた稀勢の里さんが、体調を回復して来場所に雄姿をみせてくれることに期待したいですね。

それでは今回はこのへんで。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク





スポンサーリンク




ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。