令和の怪物・大船渡佐々木朗希のwiki風プロフは?出身中学や彼女も!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

はじっこ通信をご閲覧いただき、ありがとうございます。

奈良県内で行われたU18高校日本代表1次候補の「国際対応研修合宿」で、国内高校史上最速の163キロを投げた大船渡・佐々木朗希投手に最大限の注目が集まっています!

佐々木選手の最速球を捕った中京学院大中京・藤田健斗捕手は、160キロ超の衝撃で、第3関節付近に軽い裂傷を負ったということです。

藤田捕手は、「これが人の球なのかと。想像を軽く超えていました。捕れただけでうれしいです」と笑いながら、佐々木投手の球に賛辞を寄せていたそうです。

スポーツ紙には早くも、「令和の怪物だ!」の文字が躍っています。

そこまでみんなが夢中になる佐々木投手とは、いったいどんな選手なのでしょう?

今回は、令和の怪物・大船渡佐々木朗希のwiki風プロフは?出身中学や彼女も!

と題しまして、令和の怪物・大船渡佐々木朗希のwiki風プロフについて、佐々木投手の出身中学や彼女はいる?について迫ってみたいと思います。

ご参考になれば幸いです。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずはニュースの概要をご覧ください


奈良県内で行われたU18高校日本代表1次候補の「国際対応研修合宿」が7日、全日程を終了した。前日6日の紅白戦で国内高校史上最速の163キロを投げた大船渡(岩手)・佐々木朗希投手(3年)はノースロー調整。伝説の目撃者たちには、一夜明けても余韻が残っていた。

歴史的1球から22時間、時の人となった佐々木は「肩の張りはいつもと同じくらい」と平然と話した。合宿最終日はストレッチなどに励んだ。「多くの刺激を受けました。これを糧にして頑張っていきたい」と合宿参加メンバー30人への感謝を口にした。佐々木の存在が彼らを1つにした。前夜のホテルでは163キロの話題で持ちきり。興奮で雰囲気が高まった流れで連絡先を交換し合った選手たちもいたという。永田裕治監督(55)が掲げた合宿テーマの1つ「結束力強化」にも一役買っていた。

この日、高校生史上最速球を捕った中京学院大中京(岐阜)・藤田健斗捕手(3年)は左手人さし指にテーピングをして練習に参加した。「指のところが割れてしまったんです」。160キロ超の衝撃で、第3関節付近に軽い裂傷を負ったのだった。「これが人の球なのかと。想像を軽く超えていました。捕れただけでうれしいです」と笑いながら残像を振り返った。

引用元:Yahoo!ニュース(一部省略)

令和の怪物・大船渡佐々木朗希のwiki風プロフは?

それではまず、佐々木投手のwiki風プロフを見てみましょう。

名前     佐々木朗希(ささき・ろうき)

生年月日   2001年11月3日

出身地    岩手県陸前高田市

身長     189cm

体重     81kg

高校     岩手県立大船渡高等学校

ポジション  ピッチャー

投打     右投げ右打ち

ろうきくん、珍しいお名前ですね。

佐々木投手は、ろうきと新元号の令和とが、「イニシャルが同じRなので、新しいなと思います」とお気に入りのようです。

スポーツ紙では、早速「令和の怪物」というニックネームをつけています。

雲の上だとおもっていた大谷選手高校時代を、スピードではもう超えました。

まだまだ球速は伸びるのではないかと、170キロを夢みてしまいますよね。

佐々木投手の出身中学や彼女も!

佐々木投手が野球を始めたのは、小学校三年生から。

中学校は、大船渡第一中学校でした。

中学校では軟式野球をやっていたそうです。

そのときにも、球速141キロを記録するなど、かなり話題になりました。

高校は、報道によると大阪桐蔭から誘いがあったらしいです。

大阪桐蔭の関係者が、何度も自宅を訪れていたという話しがあります。

でも、佐々木投手はその話を断りました。

理由は、ずっと一緒に野球をやってきた仲間と、一緒に野球をしたいから、というものでした。

そして、みんなと同じように地元の大船渡高等学校に進学を果たしたのです。


佐々木投手の彼女についてもしらべてみましたが、情報は見つかりませんでした。

野球部のエースである佐々木投手が女の子にモテないはずはないのですが、野球をやっているのでなかなか時間は取れないのかもしれませんね。

ただ、アイドルで好きな人はいるらしく、それが、「福田愛依」ちゃんらしいですよ。


福田愛依さんは、日本一可愛い女子高生にも選ばれていますね。

ネット上やツイッターのコメントでは、佐々木投手の報道を受けて以下のような投稿がありました。

ネットの声

  • 出来れば甲子園で活躍してもらいたい。
    しかし勝ち上がれば連戦連投となり、肩の疲労が蓄積していくことも懸念される。
    プロのスカウト陣の中には、夏の予選大会で早々と敗退してほしいと願っている方も多いことでしょう。
  • 夢があっていいですね。
    人間の限界に近いところでのピッチングかもしれないので
    投げ終わった後のケアだけはしっかりやってもらいたいですね。
    指導者にはこれだけの逸材なので大事に育ててやっていただきたい。
  • 速い球は強力な武器で魅力的です。ただ、いつまで投げられるかとの危惧もあります。急速だけに頼らない力も必須です。制球や球種様々な点で期待したいですね。財産を大切に頑張って欲しいです。
  • 球の速さは単純に魅力的ではあるけど、怪我のリスクを考えると
    変化球も増やしていくべきだと思う。
    身長189cm?とかで体格はいいかもしれないけど、大谷の例がある。

  • 佐々木君が、高校野球の強豪校ではなく、1度も甲子園に出ていない普通の公立校にいることが、スゴいと思うし、カッコいいと思うし、勿体ないとも思う。いずれにせよ、順調に育ってもらって世界に名だたる投手になってくれることを期待しています。

引用元:Yahoo!コメント

みなさん、期待はしたいけれども、怪我はさせたくないと心配なさっていますね。

今年の夏の甲子園に、大船渡高校が勝ち抜いて出場できたら日本中が大フィバーしそうです(^^♪

まとめ

今回は、

令和の怪物・大船渡佐々木朗希のwiki風プロフは?出身中学や彼女も!

と題しまして、令和の怪物・大船渡佐々木朗希のwiki風プロフについて、佐々木投手の出身中学や彼女はいる?について迫ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。