森山加代子の葬儀はいつ?夫や子供と自宅や経歴・Facebook・Twitterも

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

はじっこ通信をご閲覧いただき、ありがとうございます!

歌手の森山加代子さんが亡くなりました。

森山さんは、がんを患っていて、ステージ4だったそうです。

享年76歳。

ご主人に見送られて、最後を迎えたそうです。

森山加代子さんの明るい歌声、大好きでした。

私たちの世代では、結婚式で歌う曲は、「白い蝶のサンバ」が一番多かった気がします。

今回は、

森山加代子の葬儀はいつ?夫や子供と自宅や経歴・Facebook・Twitterも

ということで、森山加代子さんの葬儀はいつになるのか、夫や子供と自宅とこれまでの経歴、Facebook・Twitterについてもしらべてみたいと思います。

ご参考になれば幸いです。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずはニュースの概要をご覧ください。


白い蝶のサンバ」の大ヒットで知られる歌手の森山加代子さんが6日、亡くなった。関係者によると、がんで闘病しており、ステージ4だったという。76歳。夫に看取られ、最期を迎えたという。

葬儀・告別式は未定。

1960年、イタリアの歌手のカバー曲「月影のナポリ」でデビューし、同年、紅白に初出場。61年「シンデレラ」、62年「五匹の子豚とチャールストン」と3年連続で紅白に、70年に故・阿久悠さんが作詞した「白い蝶のサンバ」で紅白に4度目の出場を果たした。

最後のブログ更新は2014年1月19日。「今年も皆様をハラハラドキドキさせながら、もう少し唄っていこうと思っています。もし歌う事が嫌になったら、皆様にお願いしますので『辞めても良いよ。』って云ってくださいネ」「皆様のおかげで、こんなに長い間唄って来れたのですから森山加代子は、いつ辞めても皆さんが納得して下さるのなら悔いはありません。楽しく笑顔で唄い続けられるまで頑張るつもりです」とファンへの感謝の思いとともにつづっていた。

引用元:Yahoo!ニュース

森山佳代さんは、2012年あたりまではコラボレーションライブに出演しており、活動していたようです。

あまりテレビではお見掛けすることがなかったのですが、歌手活動を引退したわけではなかったようですね。

ただ、声の調子があまりよくなくて、表舞台に顔を出すのは控えていたのかなとも言われていました。

森山加代子の葬儀はいつ?


華やかなころの森山加代子さん。

衣装も昭和そのものですね。

今年2月、体調不良で診察を受けたところ大腸がんと診断されたのだそうです。

がんと診断されて、1か月あまりの旅立ちとは早すぎます。。。

通夜葬儀は近親者による密葬で行い、後日お別れの会を開く予定だということです

喪主は夫の林正和(はやし・まさかず)さん

「とても明るい人」友人たちの言葉です。

森山さんは、歌声と同じように、実生活も明るい方だったのですね。

 

夫や子供と自宅や経歴・Facebook・Twitterも

森山さんは、最期は最愛のにみとられて旅立ちました。

子供さんは、いなかったようです。

  • 氏名       森山加代子
  • 本名       林紀代子
  • 生年月日     1942年3月23日
  • 出身地      北海道 函館市
  • カテゴリー    歌手
  • デビュー曲    月影のナポリ

札幌のジャズ喫茶でスカウトされ、歌手の道を歩き始めます。

紅白歌合戦にも4度出演経験の経歴があります。

デビュー曲の月影のナポリは、いきなり50万枚の大ヒットとなりました。

また、翌年発売した「じんじろげ」は、当時の流行語にもなりました。

じんじろげ、憶えています。

早口言葉みたいで、一生懸命練習した記憶があります。

ちょいなだじぃや、ちょいなだじぃや~

意味は分かませんでした(笑)

森山加代さんとか、本間千代子さんとか、守屋ひろしさんとか。

古い人間なものですから、昭和の歌手の名前がすらすら出てきます。

Facebook・Twitterは、さがしてみましたが見つけることはできませんでした。

アカウントはもっていなかったかもしれませんね。

ネット上やツイッターのコメントでは、報道を受けて以下のような投稿がありました。

Yahoo!ニュースのコメントを一部引用いたしました。

ネットの声


最後に

今回は、

森山加代子の葬儀はいつ?夫や子供と自宅や経歴・Facebook・Twitterも

ということで、森山加代子さんの葬儀はいつになるのか、夫や子供と自宅とこれまでの経歴、Facebook・Twitterについてしらべてみました。

かよちゃん」の愛称で親しまれ、多くの男性ファンの心をつかんだ森山さん、どうぞ安らかにお眠りください。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。