保岡興治の嫁や子供と実家は?中学高校と大学や経歴と顔画像やSNSも

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは、はじっこ通信です。

サイトをご覧いただきありがとうございます!

19日夜、元衆議院議員で法務大臣を2度務めた保岡興治さんが亡くなりました。

享年79歳、すい臓がんでした。

保岡興治さんは奄美大島の宇検村出身。

衆議院議員に奄美群島区や鹿児島1区で合わせて13回当選し、法務大臣も2度務めた方です。

1980年代に徳田虎雄さんと繰り広げた激しい選挙戦は、「保徳戦争」と呼ばれ注目を集めました。

今回は、保岡興治さんを偲びながら、保岡興治の嫁や子供と実家は?中学高校と大学や経歴と顔画像やSNSもと題しまして、保岡興治の嫁や子供と実家、中学高校と大学や経歴と顔画像やSNSもについて迫ってみたいと思います。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最新報道は?

まずは、ニュースの概要をご覧ください。

4/20(土) 12:12配信のヤフーニュースです。

法相や衆院憲法審査会長などを歴任した元自民党衆院議員の保岡興治(やすおか・おきはる)氏が19日午後、東京都内の病院で死去した。79歳。鹿児島県出身。

1964年に中央大を卒業後、弁護士などを経て、72年衆院選で初当選。13期務めた。膵臓がんが見つかり2017年衆院選に出馬せず、政界を引退すると表明した。

94年に新進党に参加したが、翌95年に自民党へ復党した。法務行政に精通しており、00年に森内閣、08年に福田内閣で法相。憲法改正論議にも長く携わり、14年に衆院憲法審査会長に就任した。16年には党憲法改正推進本部長に就き、改憲に向けた党内議論を主導した。

(引用元:Yahoo!ニュース)

保岡興治の嫁や子供と実家は?中学高校と大学や経歴


このように、 保岡さんの訃報を伝えています。

保岡さんは、1964年に中央大を卒業後、弁護士などを経て、72年衆院選で初当選して13期務めました。

しかし、2017年、膵臓がんが見つかったため、長男の宏武さんを後任に据えて政界から引退していました。

あらためて安岡さんのプロフィールをみてみましょう。

名前     保岡 興治(やすおか・おきはる)

生年月日   1939年5月11日

年齢     79歳没

出身地    鹿児島県

職業      衆議院議員(13期)弁護士・元裁判官・法務大臣も2度務めました

親族     父・保岡武久

妻      芳枝

子供     長男・宏武

小学校    鹿児島大学附属小学

中学校    鹿児島大学附属中学校、(転校して)東京都千代田区立麹町中学校卒業

高校     東京都立日比谷高校

最終学歴   中央大学法学部卒 司法試験に合格。

座右の銘   愛、誠実

尊敬する人物 西郷隆盛

父親の武久さんは、衆議院議員を務めた方でしたが1969年落選し、引退します。

当時、保岡さん鹿児島地方裁判所に裁判官として赴任していましたが、そちらを退職し父親の跡を継ぐこととなります。

2000年7月に第2次森内閣で法相として初入閣。

法相退任後は司法制度改革に関する与党政策責任者会議の座長として裁判員制度の導入にも尽力した人です。

13回の当選を重ねましたが、がんの治療のために17年の選挙には立候補せず引退しました。

長男の宏武さんが父親の地盤を引き継ぎました。

続いて、保岡さんの経歴についてです。

1972年奄美群島区から無所属で立候補し、初当選。

1990年、第39回衆議院議員総選挙で、無所属の特定医療法人徳洲会理事長・徳田虎雄に敗れ、落選します。

この時の選挙が通称「保徳戦争」と呼ばれていて、死人が出るとまで言われるほどの汚い選挙戦が行われたのだそうです。

1993年に行われた第40回衆議院議員総選挙に奄美群島区と統合された旧鹿児島1区から立候補して当選。

見事、国政復帰を果たしています。

それ以後、当選回数は13回重ねていましたが、自身のすい臓がんが発見されたため、息子に譲り自らは国政を去っていたのです。

顔画像やSNSも

保岡さんは、晩年、ヒゲを蓄えていたようで、それが恰好いいと評判でした。


ダンディで素敵な方でしたね。

SNSを調べてみましたが、現在公開されている情報は見当たりませんでした。

アカウントはもっていなかったかもしれません。

ネット上やツイッターのコメントでは、報道を受けて以下のような投稿がありました。

まとめ

今回は、保岡興治さんを偲びながら、保岡興治の嫁や子供と実家は?中学高校と大学や経歴と顔画像やSNSもと題しまして、保岡興治の嫁や子供と実家、中学高校と大学や経歴と顔画像やSNSもについて迫ってみましたが、

いかがでしたでしょうか?

19日夜、元衆議院議員で法務大臣を2度務めた保岡興治さんが亡くなりました。

享年79歳、すい臓がんでした。

保岡興治さんは奄美大島の宇検村出身。

衆議院議員に奄美群島区や鹿児島1区で合わせて13回当選し、法務大臣も2度務めた方です。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。