精巣捻転症は6時間が勝負!子供がタマタマが痛いと言ったら至急受診を!

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

はじっこ通信をご閲覧いただき、ありがとうございます。

精巣捻転症(せいそうねんてんしょう)という病気をご存知でしょうか?

小さなお子さんや思春期までのお子さんが発症しやすい病気だそうです。

精巣捻転症、または、睾丸捻転症(こうがんねんてんしょう)、睾丸回転症(睾丸回転症)とも呼ばれるこの病気は、発症してから6時間が勝負だと聞いて、震え上がりました。

私にも男の子がいますが、これまで全く知らなかったのです。

男の子が突然、「タマタマが痛い」と言ったら、一刻の猶予もありません。

夜中だろうが、休日だろうがすぐに病院に駆け込んでください。

なんなら、救急車を呼んでください。

それくらい、大変な病気が突然起きてしまう恐怖、知らないと大変なことになります。

今回は、精巣捻転症は6時間が勝負!子供がタマタマが痛いと言ったら至急受診を!と題しまして、精巣捻転症は6時間が勝負だと知ってほしい、子供がタマタマが痛いと言ったら至急受診を!について調査をしてみたいと思います。

みなさんの参考にして頂けると嬉しいです!

ということで、早速記事に移っていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずはニュースの概要をご覧ください

男の子が、急に「タマ」(こう丸)に痛みや腫れを訴えたら、一刻も猶予はありません!1分でも早く、泌尿器科あるいは外科の緊急手術が可能な病院を受診する必要があります。「えっ、そうなの?」と驚く方が多いかも知れません。

「精巣捻転症」
という病気は、将来ある小児や若年世代に発症しやすく、しかも恐ろしいことに、発症から6時間以内に手術しないと、「タマ」が壊死してしまい、摘出が必要になる危険性も高いのです。

このことはあまり知られておらず、今でも多くの場合、受診した時には「既に手遅れ」というケースが多いのです。思春期までの男子とそのご家族には、ぜひこの病気の緊急性をご理解いただきたいと思います。

(引用元:Yahoo!ニュース)

精巣捻転症は6時間が勝負!

精巣捻転症は、タマタマが陰嚢内で捻じれる病気です。

どうしてそのようなことになるかは、はっきり分かっていませんが、外傷が原因で発生することもあるらしいです。

それから、スキニーなどピッタリしすぎるものを履いていると、発生することもあるらしい。

こんな感じで捻じれるみたいです!


長時間放置すると睾丸が壊死(えし)してしまいます。

一分でも早く、泌尿器科か外科の手術ができる病院で受診する必要があるそうです。

回転の方向は、時計回りと反時計回りがあって、2回転も3回転もしていることがあるそうです。

 子供がタマタマが痛いと言ったら至急受診を!

爆笑問題の田中さんが、タマタマの手術を受けてそれを相方の太田さんが笑いのネタにしています。

「こいつ、タマなしなんだよ」

って、言っているのを聞いたことがありますが、笑うどころの話ではないですね。

田中さんの病気が何だったのか詳しいことはわかりませんが、男性のタマタマを笑いにしてはいけないなと、今回、この病気を知って思いました。

将来、子供ができなくなる可能性だってある。

ということは、その人の一生を左右する問題にもなりかねない精嚢捻転症という病気は、最初の6時間にかかっているのです。

陰嚢捻転症にかかると、突然片側の陰嚢が腫れ、激しい痛みが襲ってきます。

時間がたつと、陰嚢の色が変わって紫色になるそうです。

これは、睾丸がねじれているため、血行障害が起こるからなんです。

完全に血行が途絶えると、そこから壊死(腐る)していきます。

壊死に陥った睾丸をそのまま残すと、健康な睾丸の機能も低下するとも言われているようですが、まだ確実なことは分かっていないようです。

それでは、精巣捻転症にかかった経験のある方々のツイートを紹介しますね。

経験者の方々の話は、説得力がありますね!

まとめ

今回は、精巣捻転症は6時間が勝負!子供がタマタマが痛いと言ったら至急受診を!と題しまして、精巣捻転症は6時間が勝負だと知ってほしい、子供がタマタマが痛いと言ったら至急受診を!について調査をしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

思春期の男子に、何の前ぶれもなく睾丸が急に激しく痛んで腫れてきたり、新生児があまりにむずかったときに、かかっていたりするそうです。

早い時期だと、医師が手でねじれを直して良くなることもあるらしいので、なにはともあれ受診することが大切なようです。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。