北尾光司の嫁は精神科医で実家は金持ちの逆玉?双羽黒事件についても

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

はじっこ通信をご閲覧いただき、ありがとうございます。

第60代横綱・双羽黒の北尾光司さんが亡くなりました。

享年55歳の早すぎる死でした。

北尾さんは、2013年から腎臓を患い6年間の闘病生活を余儀なくされていました。

そして、2月10日午前7時30分、慢性腎不全のため亡くなったということです。

葬儀・告別式は北尾さんの生前からの強い希望で、嫁、妻の淑恵(よしえ)さんと娘さんの二人で執り行ったということです。

今回は、北尾さんの妻・淑恵さんにフォーカスして北尾さんを偲びたいと思います。

題しまして、北尾光司の嫁は精神科医で実家は金持ちの逆玉?双羽黒事件についても

ということで、北尾光司の嫁は精神科医で実家は金持ちの逆玉結婚だった、双羽黒事件についても、に迫ってみたいと思います。

ご参考になれば幸いです。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずはニュースの概要をご覧ください

大相撲の第60代横綱・双羽黒北尾光司氏(享年55)が2月10日午前7時30分、慢性腎不全のため千葉県内の病院で死去していたことが29日、分かった。妻の淑恵さんが明らかにした。葬儀、告別式は既に家族で行った。北尾氏は横綱時代に当時の師匠の先代・立浪親方(元関脇・安念山)と対立し失踪騒ぎを起こした。その後はしばらく格闘家として活動。相撲界からは長く離れ、2013年から闘病生活を送っていた。

55歳。早すぎる死だった。北尾氏は近年、腎臓病を患い、13年からは闘病生活を送っていた。淑恵夫人は「何かと世間をお騒がせしましたが、主人は曲がったことが大嫌いな、とてもピュアな人でした」とコメントした。

引用元:Yahoo!ニュース(一部省略)

北尾さんは、中学を卒業すると相撲部屋に入り、恵まれた体格をいかし横綱まで上り詰めた将来を期待された人でした。

しかし、度重なるトラブルによって相撲界を去り、次はスポーツ冒険家となったりプロレスの世界にも足を踏み入れました。

どこに行っても、周囲とトラブルを起こした人ですが、家庭生活は円満だったようです。

北尾光司の嫁は精神科医で実家は金持ちの逆玉?

北尾さんの結婚した嫁は、精神科の医者でした。

知り合ったきっかけは、入院したときにお世話になったことからと言われています。

お名前は、北尾淑恵さん。

実は、淑恵さんのほうが、北尾さんにベタぼれだったと言われています。

更に淑恵さんの実家はかなりお金持ち

北尾さんはいわゆる逆玉結婚だったのですね。

ということで、生活は悠々自適だったそうですよ。

お二人のお子さんは、娘さんが一人いらっしゃいます。

北尾さんは、娘さん思いの子煩悩な父親だったそうです。

亡くなったのが2月ですが、北尾さんが亡くなったことは誰にも知らせず、娘さんと奥様の二人が北尾さんを見送りました。

それは北尾さん本人の、強い希望だったそうです。

相撲や外の世界ではトラブルを引き起こし何かと話題の人でしたが、家庭生活は穏やかで幸せだったことがこのことからも窺えますね。

すべてが終わってから、淑恵さんがコメントを出されています。

北尾光司は、6年間の闘病生活ののち、2月10日慢性腎不全のため、千葉県内の病院で他界いたしました。葬儀は生前からの本人の希望で娘と私だけの家族葬としました。

何かと世間をお騒がせしましたが、主人は曲がったことが大嫌いな、とてもピュアな人でした。

この場をお借りしまして、主人を応援してくださった皆様に厚く御礼申し上げます。
引用:朝日新聞デジタル

とてもピュアな人、破天荒に見えた北尾さんを真に理解していたのは、奥様だったということでしょう。

双羽黒事件についても

世に言う双羽黒事件が起きたのは、1987年12月27日、年の瀬のことでした。

もともと、所属していた立浪親方のいう事に反発していた双羽黒(北尾光司)でしたが、この日、双羽黒は部屋のちゃんこの味に文句をつけたのです。

「こんなちゃんこ、まずくて食えるか!」

それを部屋の若い衆が親方に言いつけ、そこから親方と言い争いになります。

それを止めに入ったおかみさんを突き飛ばし、「2度と戻らない!」と言い放ち、部屋を飛び出しだしたのです。

しかし、双羽黒は本気で飛び出したのではなく、当時自分が別に借りていたマンションで少し頭を冷やしたら、買えるつもりでいたそうです。

ところが、親方が激怒し、新聞記者らに「女将が暴力を振るわれた」と仰々しく話し、女将も話を大げさに広めたものだから、事は大きくなり「双羽黒事件」と呼ばれるほどの騒ぎになったのでした。

双羽黒は女将に暴力をふるったわけではなく、手を振り払った程度だったし、「ちゃんこがまずくてくえない」と言ったのは、立浪部屋の若い衆のだらしなさを諫めるためだったのです。

振り返ってみると、小さなボタンの掛け違いから話がドンドン大きくなっていった。

ほんとうは、身内で解決できたのに親方と女将がマスコミに流したため、収拾がつかないほど話は広がってしまったのでした。

部屋を良くしたいという双羽黒の思いから、話は別なほうに広がっていき結局、双羽黒は相撲を捨てることになったというわけです。

ネット上やツイッターのコメントでは、報道を受けて以下のような投稿がありました。

ネットの声

  • 本人の心がけが一番だが…
    横綱にした協会や横審、親方などが
    もう少し配慮すべきだったのでは。
    いい加減学習してほしい。
  • 横綱昇進時期があと3年くらい遅ければ幕内に最低でも10年は務められて理事長も北勝海でなく双羽黒が就いていたのに非常に残念だったよ。
  • 相撲では小錦をさば折りで破壊したのが、印象的。プロレスでは悪い意味でテンタ戦。格闘家時代は高田戦。何だかいずれも中途半端。もったいない。
  • 中卒のろくに学もないやつが早々に良い地位手に入れちゃうと、体は破壊兵器、頭は子供っていうとんでもない怪物ができてしまうよね。
  • 双羽黒の不祥事は廃業処分に至らせたのに白鵬の不祥事は何で廃業処分に至らせないんだ。
    大体にして角界を大きく汚したのは白鵬なんだよ。
    その差は一体何だね。
  • もったいなかったね。
    御冥福をお祈りします。
  • 八角親方と同期で花の三八組で活躍を期待してたけど親方と喧嘩して廃業した時は残念でした。もし何も無く活躍していたら相撲界はもっと変わっていたかも。
  • 55歳、若すぎるよ。
    横綱になるのが早すぎだよね。
    もっとじっくり上がっていったら 違う人生になっていたちと思う。
  • 当時は無理矢理に作られた横綱という印象だった。体格には恵まれたけど世渡りが下手だった。
  • 大器だったので残念。この人が長くいれば千代の富士の最大のライバルとなっていた。ご冥福をお祈りします
  • 少なくても大関止まりか20歳代半ば以降に横綱になっていたら最低でも10年は幕内にいられて今の八角のウルトラバカ理事長でなく双羽黒が理事長に就いていたところだったのに非常に残念だったよ。

引用元:Yahoo!コメント

もったいない、横綱になるのが早すぎた。

みなさんのコメントの多くが、この言葉でした。

大きな子供のような北尾さんを、当時理解できたのは奥様だけだったのかもしれません。

それだけに、北尾さんが幸せな家庭生活を送っておられたと知って、なにか心が安堵するおもいです。

最愛のご家族に見送られて旅だった北尾さん、安らかにお眠りください。

まとめ

今回は、北尾光司の嫁は精神科医で実家は金持ちの逆玉?双羽黒事件についても

ということで、北尾光司の嫁は精神科医で実家は金持ちの逆玉結婚だった、双羽黒事件についても、に迫ってみましたが、いかがでしたでしょうか。

それでは今回はこれまでとさせていただきます。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。