ブサかわ犬わさおの妻・つばきが死亡!わさおの歩みと現在の様子は?

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは、はじっこ通信です。

サイトをご覧いただきありがとうございます!

ブサイクながらかわいいブサかわ犬」わさお(11歳)の妻つばき(6歳)が、亡くなっていたことが分かりました。

つばきは、5日朝の時点では変わった様子はなく元気でした。

ところが、夕方の散歩に出かけようとしたら小屋の中でぐったりしているつばきを発見。

急遽、病院に連れて行きましたが、酸素吸入などの処置もむなしく、息を引き取りました。

死因は、心臓発作とみられています。

今回は、ブサかわ犬わさおの妻・つばきが死亡!わさおの歩みと現在の様子は?と題しまして、ブサかわ犬わさおの妻・つばきが死亡したこと、わさおの歩みと現在の様子についても迫ってみたいとおもいます。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブサかわ犬わさおの妻・つばきが死亡!


「ブサかわ犬」として人気者となった、秋田犬「わさお」。

いつも一緒だった妻の「つばき」が、天国へと旅立った。

不細工だけどかわいい。

「ブサかわ」で一世を風靡(ふうび)した秋田犬のわさお。

その妻・つばきが5日夕方、死んでいたことがわかった。6歳だった。

つばきは、犬小屋でぐったりして、息遣いが荒くなっている状態で見つかり、すぐに動物病院に運ばれたが、5日午後5時すぎ、息を引き取ったという。

心臓の発作による突然死とみられる。

2012年生まれの秋田犬「つばき」。

2年後、わさおのもとに「嫁入り」し、夫婦仲よく、観光客を出迎えていた。

(引用元:Yahoo!ニュース)(一部省略)

つばきは2012年生まれの秋田犬です。

わさおの飼い主だった故菊谷節子さんが、自身が長期入院した際にわさおの毛が抜け落ちてしまったのを見て、

この犬は1匹にしてしまうと死んでしまう

と心配し、合同お見合いで14年に妻として迎え入れました。

つばきは2012年7月生まれ。

長い毛が特徴的なわさおとは異なり、短毛種の秋田犬です。

16年には秋田生まれの「ちょめ」も「娘」として家族に加わり、菊谷さん亡き後もふうふ仲良く、イカ焼き店の客を迎えてきたのでした。

お見合いから5年間、わさおを支え続けてきたつばきの死に、周りのみんなも衝撃を隠せないでいます。

飼い主の菊谷さんが亡くなったとき、わさおが寂しそうにしているとつばきがピタッと寄り添うようにしていたのが、とても思い出されるとわさおプロジェクト・工藤健代表が語っています。

わさおが心配です。。。

わさおの歩みと現在の様子は?

わさおのこれまでの歩みを見てみましょう。

💛わさおの歩み

▼2007年夏 誕生

▼同秋 青森県鰺ケ沢町のイカ焼き店経営者・菊谷節子さんが飼い始める

▼08年7月 「ブサかわ犬」としてテレビ初登場

▼09年7月 写真集発売

▼10年6月 鰺ケ沢町の特別観光大使に

▼11年2月 日本ユネスコ協会連盟の特別大使犬に

▼同3月 映画「わさお」公開。主演・主題歌は薬師丸ひろ子

▼14年春 つばきと結婚

▼16年春 ちょめが娘に

▼17年11月 菊谷さんが73歳で死去

▼19年5月 つばき死亡・天国へ

(引用元:Yahoo!ニュース)

飼い主の菊谷さん亡き後、わさお夫婦が飼われていたのは、イカ焼き店「七里長浜きくや商店


▼マップはこちら

わさおのお守りなんかも発売されていたのですね。

犬のお守りだから安産のお守りかな。


わさお人気は凄くて、わざわざわさおを見に鯵ヶ沢町までやってくる人が、たくさんいたようです。

環境の変化に敏感なわさおは、妻のつばきの死を感じているのか、完全に元気を失った状態だということです。

在りし姿の写真を置いた店には、急な悲報を聞いた住民らが花を手向けています。

愛犬を亡くしてペットロスに悩まされる人も多いなか、わさおは、飼い主の菊谷さんと妻のつばきまで失ってしまいました。

菊谷さんが入院したときは、寂しさから風貌まで変わってしまったわさお。

なんとか、この哀しみを乗り越えて元気になってください。

まとめ

今回は、ブサかわ犬わさおの妻・つばきが死亡!わさおの歩みと現在の様子は?と題しまして、ブサかわ犬わさおの妻・つばきが死亡したこと、わさおの歩みと現在の様子についても迫ってみました。

ブサイクながらかわいいブサかわ犬」わさお(11歳)の妻つばき(6歳)が、亡くなっていたことが分かりました。

つばきは、5日朝の時点では変わった様子はなく元気でした。

ところが、夕方の散歩に出かけようとしたら小屋の中でぐったりしているつばきを発見。

急遽、病院に連れて行きましたが、酸素吸入などの処置もむなしく、息を引き取りました。

死因は、心臓発作とみられています。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。