高嶋政伸の身長と嫁や両親・経歴や評判は?出身や地元とFacebookも

スポンサーリンク



スポンサーリンク



こんにちは!

はじっこ通信をご閲覧いただき、ありかどうございます!

俳優の高嶋政伸さんが、港区の路上で車を運転中に、事故を起こしていたことが分かりました。

日にちは、3日午後。

港区麻布十番2丁目の路上で高嶋さんの運転する車が左折するときに、女性の乗った自転車と接触したそうです。

警察は事故の原因は、高嶋さんの前方不注意とみて、詳しい状況を調べているそうです。

女性の病院には高嶋さんも訪れて、きちんと謝罪しているということです。

そこで今回は、

高嶋政伸の身長と嫁や両親・経歴や評判は?出身や地元とFacebookもと題しまして、高嶋政伸さんについてまとめてみました。

ご参考になれば幸いです。

それでは早速、本題に行ってみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは事故の詳細です


事故をおこしたのは、東京・港区の路上

引用元:FNN

とても広い道路ですね。

高嶋さんは、自分の運転する車を左折させるときに、自転車の女性と接触したそうです。

高嶋さんといえば、離婚問題でずいぶんスキャンダラスに報道されていましたが、真面目な方なのでしょうね。

きちんと女性の病院にいき、謝罪もされたそうです。

こんなときに、人柄がでますよね。

マネージャーに行かせるとかしないで、自分で責任もって行動する。

運転も、ご自分でするのですね。

では、高嶋政伸さんのプライベートに迫ってみましょう。

 

高嶋政伸の身長と嫁や両親・経歴や評判は?

高嶋政伸さんは大きい方ですが、身長はいくらで、現在のお嫁さんや経歴、評判などもみてみましょう。

名前     高嶋政伸(たかしま・まさのぶ)

生年月日   1966年10月26日

年齢     52歳

出身地    東京都

職業     俳優

身長     180cm 

血液型    B型       

所属     東宝芸能

配偶者    美元(2008年 – 2012年)

       一般女性(2015年 – )

高嶋政伸さんのご家族は、日本一有名な家族と言っても過言ではありませんよね。

  • 父・高島忠雄
  • 母・寿美花代
  • 兄・高嶋政宏
  • 伯父・高嶋弘之
  • 従弟・高嶋ちさ子

家族全員が有名人w

両親も兄も、さらに高嶋ちさ子さんというバイオリニストまで、多彩なご家族です。

身長は、180cmもあり、経歴評判も申し分のない高嶋さんを唯一苦しめたのは、元美元さんでした。

美元さんは、テレビにでて、高嶋さんをいかに自分が愛しているかをアピールしていましたが、わたしのような素人からみても、この人変わっているなぁ。。。と高嶋さんの苦労が分かりましたよ。

ようやく、離婚が成立して、いまは一般人の方とご結婚されているのですね。

高嶋さん、おめでとうございます。

あのときは、どうなるのかほんとうに思いました。

ひとめぼれは、危険ですね。

 

出身や地元とFacebookも

高嶋政伸さんの地元は、東京。

東京出身で東京育ち。

正真正銘のおぼっちゃまです。

  • 成城学園中学校高等学校、成城大学文芸学部芸術学科卒業。

学歴も輝かしいですね!

趣味は、映画鑑賞、スキューバダイビング、水泳、ジャズ・ドラム

お父様の高島忠雄さんも、ドラムの得意な方でした。

お父様直伝のドラマーでしょうか。

血は争えないものですよね。

高島さんのFacebookのアカウントを探してみましたが、本人と結びつくものは見当たりませんでした。

捜し方のせいかもしれません。

見つかりましたら、こちらに追記します。申し訳ありません。

 

まとめ

今回は、

高嶋政伸の身長と嫁や両親・経歴や評判は?出身や地元とFacebookもと題しまして、高嶋政伸さんについてまとめてみました。

高嶋さんが、港区の路上で自転車と接触事故を起こしたことをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

高嶋さんは、女性に謝罪しています。

高嶋さんには、怪我はありませんでした。

それでは今回は、これまでとさせていただきます。

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク





スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして! 私は本州の北のはじっこに住む67歳になる主婦です。 このサイトでは、気になった出来事やニュース、ライブやイベント情報等々について発信します。 出来るだけマメに更新するつもりですので、良かったら時々御覧頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いいたします。